日本近代史と戦争を研究する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
南京事件と報道 1937.12
内閣情報部一二・一八 情報第一一号  アジア歴史資料センター:A03023964300(以下同じ)

―A・P南京日本兵の行動を誣ゆ―
 同盟来電―不発表

ニューヨーク十七日(A・P)
A・P南京特派員マクダニエル氏は南京陥落直後の状況を日誌の形で左の如く報じてゐる

△十二月十四日
 入城した日本軍が全市に亘つて掠奪を行ふのを見た、一日本兵は安全地帯に避難してゐた住民に銃剣を擬して三千弗をせしめたのを目撃した

△十二月十五日
米国大使館の傭女と共に彼女の母親を探しに出かけた処母親は溝の中で無惨な死体となつて発見された、午后余自身も武装解除を手伝つた支那兵数名が屋外に引摺り出され銃殺に処せられた上溝の中に蹴こまれた、夜一般民及び武装解除された支那兵五百名以上は日本兵により安全地帯から何処ともなく連れ去られた、勿論一人も帰つて来たものはなかつた
支那住民は軒に日章旗を掲げ帽子に日の丸をつけていても続々逮捕され引張られて行く


内閣情報部一二・一八 情報第五号  A03023964600

上海ロイテル支局発放送電報(十六日)
 上海(XHU)発

一、上海十六日発
(イ)米国軍艦オアフ号は英国軍艦レーデイ・バート号に労はられつゝ日本掃海艇に先導され日本艦の護送を受けて本日払暁上海に向け下航し始めたこれに続いて過去四ケ月間江上に封鎖されていた英国船、曳船艀の類が行列をなして金曜日午後には上海に到着する筈だ
オアフ、レーデイ・バード両艦を護送する日本軍艦の中には鵲があつたがそれには南京籠城組の新聞記者五名―即ちシカゴ・デーリー・ニユースのA・Tスチール、A・Pのイエーツ・マクダニエル、ニユーヨーク・タイムスのチルマン・ダーダン、ロイテルのレスリー・スミス、パラマウントニユース映画班アーサー・メンケン―が乗つてゐる
(中略)
(ホ)日本大使館は本日南京より同地にあつた外人二十七名全部無事なりとの報告を受理した
外人内訳は
英人一名、ロシア人二名、ドイツ人六名、米人十七名であるが外国外交官は一人も南京にゐない、安全地帯には約十五万の支那人が居り南京の日本大使館も焼却されてはゐないが自動車が無くなつてゐると


内閣情報部一二・一八 情報第一四号  A03023965000

―ニユーヨーク・タイムス「日本軍の蛮行」を誣ふ―
―同盟来電―不発表
ニユーヨーク十八日発

ニユーヨーク・タイムス紙南京特派員テイルマン・ダーデイン氏は十八日南京から上海に帰還したが、南京の市内に於ける日本兵の行動につき、左の如く報じている
「南京占領に当つて日本兵は残虐と蛮行の限りを尽した、日本兵は上官の面前で金銭と言はず、貴品と言はず、欲しいものは何でも掠奪して憚らない有様だ、多数支那人住民が第三国人に語る所によると、日本兵は支那人の既婚、未婚の婦人を誘拐、強姦していると言ふ話で、捕虜は勿論一人前の男はすべて容赦なく虐殺されていると言はれる」


外務省情報部「『パネー』号及英艦砲撃事件に対する各国の反響(四)』1937.12.20  A03023967700 4画像目

(A)米国紙
(中略)
(ハ)市俄古(十七日)
一、「デーリー・ニユース」紙ノ「ステイル」特派員ハ南京陥落ニ関スル電報ヲ「南京ニ於ケル日本軍ノ鬼畜ノ如キ虐殺」ナル見出シテ掲載シ、支那軍ノ無秩序ナル野蛮行為カ日本軍ニ依リテモ行ハレタルカ如キ印象ヲ読者ニ与ヘ、「パネー」号事件ニ関スル米国民ノ興奮ヲ一層煽リ立ツテ居ル。


外務省情報部「支那事変に関する各国新聞論調概要(七十五)」1937.12.23 A03023967900 5画像目

A 米国紙
(中略)
△反日思想ノ除去ハ疑問
南京ニ入城シタ日本軍ノ行動ハ実ニ数百年モ昔ノ様ナ話テアル。斯様ニ支那人ヲ野蛮ニ取扱ツテ、支那カラ反日的思想ヲ除去スルコトカ如何ニシテ望マレヨウカ。「パネー」号事件モ日本ノ主張スル様ニ単ナル誤認ト認メルコトハ出来ナクナツタ。明カニ此ノ事件ハ最初考ヘタヨリ重大ナ米国権利ノ侵害行為テ、国務省ノ執ツタ手厳シイ処置ハ当ヲ得タモノテアル。(十九日 ニユーヨーク・タイムス紙)


外務省情報部「『パネー』号及英艦砲撃事件に対する各国の反響(五)』1937.12.23 A03023968000 2画像目

概説
(一)米国紙ハ…二十九日(引用者注―十九日の誤り)、上海発「アベント」「タイムス」ノ特電カ日本軍ノ軍紀紊乱、暴行等ニ就テ「センセーシヨナル」ニ報道シ…


内閣情報部一二・二七 情報第八号  A03023968100

哈府支那語放送(二十六日)      (熊本逓信局聴取)
(中略)
六、南京カラ帰国シタ外人ハ戦区デ日本人ノ為メ脅迫サレ日本兵ハ□半ノ居民ヲ殴打シ日本兵士ノ多クハ支那ノ婦女子ヲ辱シメタ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
最近ブログ更新以外やることないのは私だけですか…。
2005/07/12(火) 21:01:15 | URL | ('▽'*) #-[ 編集]
これからも更新頑張ってください。
2005/07/12(火) 23:40:04 | URL | manami #-[ 編集]
ちーこの秘密
ここってマジやばぃ。何人の男に犯されたんだけど泣き
ゲーム上だけどねw私はここのサウスステージにちーこで参加してるよww
<a href="http://cl1.jp/1n3">フレンドライフ</a>
2009/04/16(木) 05:20:49 | URL | ちーこ #wpbnja.w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://higeta.blog2.fc2.com/tb.php/43-2029f3ee
この記事へのトラックバック
先に歩兵第44連隊のことについて書いたら、「南京攻略時に南京虐殺の報道は世界的には起こりませんでしたよ」というあんぽんたんさんから...
2008/07/12(土) 21:43:51 | 土佐高知の雑記帳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。