日本近代史と戦争を研究する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
法令の形式と検索 1 法律
戦前期における主な法令の形式とその検索法についてみていきたいと思います。

まずは【法律】です。
【法律】
帝国議会の協賛を経て、天皇の裁可によって成立するものです。
条文については、『法令全書』や『官報号外』に掲載されます。
オンライン上でも、アジア歴史資料センターでみることができます。その際、「御署名原本 ○○法」という形で検索すれば、条文の確認に便利です。

政府による法律案作成過程については、国立公文書館所蔵の『公文類聚』(アジア歴史資料センターで閲覧可)をみます。

そして法律案の審議については、議会の議事録をみます。
議事は、本会議での法案提出説明・質疑→委員会における審議→本会議での採決となりますので、衆議院について言えば、

『帝国議會衆議院議事速記録』(法案提出説明・質疑)

『帝国議會衆議院委員會議録』

『帝国議會衆議院議事速記録』(採決)


のようにみていく必要があります(貴族院も同様)。


★関連★
山中 永之佑 (編集) 日本近代法案内―ようこそ史料の森へ 『新・日本近代法論』史料編

山中 永之佑 (著) 新・日本近代法論
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/03/05(月) 13:11:48 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://higeta.blog2.fc2.com/tb.php/32-832fa5cb
この記事へのトラックバック
宅建,行政書士,司法書士,社労士,税理士,これら主な資格試験はそれぞれの分野の法律・法令とそこで発生する問題についての勉強であり,言い換えればこれら資格試験の勉強はすべて法律の実戦的知識を養成することにあります。たとえば何年も勉強しても社労士の試験に合格
2005/09/24(土) 03:13:39 | eラーニング 自分らしい「学び」のスタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。