日本近代史と戦争を研究する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
731部隊の実験報告書
慶応義塾図書館所蔵の
毒ガス実験報告書「きい弾射撃ニ因ル皮膚傷害並一般臨床的症状観察」(「加茂部隊」と印刷されている)からは、731部隊が、異なった条件で3地域に配置した人間に向けて、イペリット弾を発射し、その症状を観察した実験を行ったことがわかります。


「自昭和十五年九月七日―至昭和十五年九月十日間砲四門(六〇〇発)十榴八門(六〇〇発)ニヨルき弾射撃ヲ実施セリ

第一地域発射段数ハ毎ヘクタール一〇〇発総数一,八〇〇発(野砲ニ換算ス)射撃時間ハ四十分、十五分間射撃、十五分間休、十分間射撃ナリ
第二地域ニ於テハ発射弾数ハ毎ヘクタール二〇〇発総数三,二〇〇発
第三地域ハ発射弾数ハ毎ヘクタール三〇〇発総数四,八〇〇発ナリ

被検物ハ地域内ノ野砲偽掩体、壕、軽棲息所、観測所、掩蓋MG座監視所、特種構築物内等ニ各々配置セリ

第一地域陣地ニ配置セルモノハ無帽満服下着上靴ヲ着用セシメ無装面トス
第二地域陣地ニテハ無帽夏軍衣袴上靴ヲ着用セシメ無装面者三名、装面者三名トス
第三地域陣地ニ配置セルモノハ夏軍衣袴ヲ着用セシメ無装面者二名装面者三名トス

き弾射撃後四時間、十二時間、二十四時間、二日、三日或ハ五日後ニ於ケル一般症状(神経障碍ヲ伴フモノヲ含ム)皮膚症状、眼部、呼吸器、消化器ニ於ケル症状経過ヲ観察セリ

尚水泡内容液ノ人体接種試験、血液像並屎尿検査ヲ実施セリ」


症状についてみると、例えば、
第一地域、「野砲偽掩体防毒覆下配置」のもとで、
七日にガス弾を浴びた「280号」については、
次のようにあります。


「十日十七時頃観察スルニ全身倦怠脱力感心悸亢進ヲ訴ヘ体温三七度皮膚ハ顔面ニ発生セル水疱ハ漸次増加シ一部ニ薄キ痂皮散在一般ニ腫脹シ頬部ニ糜爛ヲ認ム、肩胛部背面ハ瀰漫性ニ発赤シ肩胛部糜爛ヲ呈ス、陰嚢腫脹、糜爛、灼熱痛アリ四肢ニ於ケル発赤潮紅ハ幾分減少セリ 呼吸器症状ハ喀痰、嚥下困難、呼吸困難、喘鳴アリ前胸部心臓音弱、脉膊一三〇至笛声音、呻軋音、■(口へん+羅)音ヲ聴取ス」

(以上、松村高夫「『731部隊』の実験報告書」『歴史学研究』538、1985.2)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://higeta.blog2.fc2.com/tb.php/26-0d872f37
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。