日本近代史と戦争を研究する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
公開された小津安二郎の陣中日誌
『諸君』2005年1月号では、
小津安二郎の陣中日誌が
65年間の封印を解かれ、公開されています。
小津は、1937年9月召集、
近衛歩兵第2連隊に所属し、
39年7月除隊となるまで、
軍曹として華南方面の作戦に従事しました。

小津は、映画のことが頭から離れず、
戦闘のさなかにおいても映画のことを考えています。


「戦地にライカを持つて行つてゐたので、何かにつけて帰るまでに千枚程無暗と撮つた。長い間の身についた意欲はある程度みたすことが出来たわけだが、いい場面でも音と切離せない複雑な場合に出会ふと、頭の中や、手帳にとめておくだけで、残念だつた時も数多くあつた」

「(砲弾の―引用者注)金属の羽が空気を截るあの特別な音が近づくと黒い一抹の煙のやうに花の上を通るのが見えた。と思ふとばらば沢山の杏の花が散つた。これが何度も起るのを見てゐて、これは使える、兵隊を一人も画面へ出さないで、迫撃砲の音と、光りながらこぼれる杏の花とだけで出せば面白いと思つた」

「機関銃が私達を狙つた時は、まづ前面の土をぱつぱつとはねかして小さい土煙りがまたたくうちに近づいて来る。これが映画にどうすれば出るだらうか」


(以上、小津安二郎「戦争と映画雑筆」『中央公論』54-13、1939年12月)


もし小津が戦争映画を撮っていたら、
どのようなものになったでしょうか。
それに関して、小津は次のように述べています。


「山中君(山中貞雄―引用者注)が生きてゐればどんな戦争映画を撮つたであらうか。実際上の困難な条件や制約を顧慮して、田坂具隆君の作品に例をとれば『土と兵隊』より『五人の斥候兵』により近く、大部隊の行動を追はず、小部隊を何処迄も追求してその全貌を示したに相違ない。 私が戦争映画をもし作るにしても同様であらう」(同上)


公開された陣中日誌には、
映画作りのためのネタ帳(「撮影に就ての≪ノオト≫」)
が含まれており、「小部隊」での兵隊たちの
日常が切り取られています。

小津映画の登場人物のセリフが聞こえてきそう。
いくつか面白いものを引用しましょう。


▲映画館(南京)上映中<えゝぞ えゝぞ>皆笑ふ。半畳が入る。<加藤部隊の〇〇さん> 返事がない。<只今から出動です>場内静になる。男出て行く。また元の騒然となる。

▲出発。坊さんの兵隊に云ふ。<頼むぜ。俺が死んだら うまくお経上げてくれよな> <よし、どつちに行きたい。地獄か極楽か> <極楽がいゝな> <そりや一寸無理だな。煙草一本くれ> <お前極楽に行くと友人ゐねいぞ>

▲クリークの水で飯を焚く。釜に水を張つて<おい、ミヂンコが泳いでるぜ、この水><煮て喰ふんだら大丈夫だい><随分いらあ>

▲<赤犬はうまいつてなあ><おんなじたい。白だつて黒だつてぶちだつて><そうか。鼠はどうだい><よせやい、鼠は喰はねいよ><鼠は米くつてるからうまいかも知れねいなあ><よせよ、おだてるない、こいつ本当に喰ふから>

▲犬をつかまえてくる。<おい飼つておけよ。豚肉なくなるまで殺すなよ>
後日。<いけねいや。すつかりなついて尾ふりやがる><尾振りやがる。殺せねいや>





小津安二郎 DVD-BOX 第一集
↑↑↑
個人的には、『秋刀魚の味』がオススメです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://higeta.blog2.fc2.com/tb.php/10-c7d7c922
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。