日本近代史と戦争を研究する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
後継ブログのお知らせ
スポンサーサイト
2009/04/07(火) 16:10:56| その他| トラックバック(-) コメント(-)
顧維鈞の国際連盟理事会演説
条約局第三課『第百回理事会ニ於ケル日支問題討議ノ経緯』昭和13年2月 アジア歴史資料センター:B04013944900 2画像目

第百回理事会ニ於ケル日支問題討議ノ経緯
[顧維鈞の国際連盟理事会演説]の続きを読む
中支那方面軍司令官・松井石根の解任
「軍紀廃頽」による中支那方面軍司令官・松井石根の解任は、ホノルル市民においても知るところとなった。
[中支那方面軍司令官・松井石根の解任]の続きを読む
南京事件と報道 1938.1
内閣情報部一・二 情報第三号  アジア歴史資料センター:A03023972900(以下同じ)

 哈府支那語放送      (熊本逓信局聴取)
(中略)
三、ニューヨーク時報ノ消息ニ依レバ日本人ハ南京ヲ襲撃シ、南京ヲ占領後、二日目カラ城内デ殺戮ヲ拡大シ婦女ヲ強姦シ、略奪シタ、通信員ノ通信ニ依レバ、南京変乱ノ際街道上デ婦女老若ヲ撃殺シ、避難民区ニ日本ノ大兵ハ封鎖ヲ実行シ、貴重品ヲ強奪シ去リ、日大兵ハ米国ノ医院ヲ強奪シタ
[南京事件と報道 1938.1]の続きを読む
南京事件と報道 1937.12
内閣情報部一二・一八 情報第一一号  アジア歴史資料センター:A03023964300(以下同じ)

―A・P南京日本兵の行動を誣ゆ―
 同盟来電―不発表

ニューヨーク十七日(A・P)
A・P南京特派員マクダニエル氏は南京陥落直後の状況を日誌の形で左の如く報じてゐる

△十二月十四日
 入城した日本軍が全市に亘つて掠奪を行ふのを見た、一日本兵は安全地帯に避難してゐた住民に銃剣を擬して三千弗をせしめたのを目撃した

△十二月十五日
米国大使館の傭女と共に彼女の母親を探しに出かけた処母親は溝の中で無惨な死体となつて発見された、午后余自身も武装解除を手伝つた支那兵数名が屋外に引摺り出され銃殺に処せられた上溝の中に蹴こまれた、夜一般民及び武装解除された支那兵五百名以上は日本兵により安全地帯から何処ともなく連れ去られた、勿論一人も帰つて来たものはなかつた
支那住民は軒に日章旗を掲げ帽子に日の丸をつけていても続々逮捕され引張られて行く
[南京事件と報道 1937.12]の続きを読む
歴史・地理 > 歴史学 プレミアム本
Amazonプレミアム本(2005/07/04 17:25現在)

本 > ジャンル別 > 歴史・地理 > 歴史学
[歴史・地理 > 歴史学 プレミアム本]の続きを読む
社会・政治 > 軍事 > 旧日本軍 プレミアム本
Amazonプレミアム本(2005/07/03 13:50現在)

本 > ジャンル別 > 社会・政治 > 軍事 > 旧日本軍
[社会・政治 > 軍事 > 旧日本軍 プレミアム本]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。